FC2ブログ
気ままに 綴る

チャート作成のススメ その2

最近、ワールドカップが話題になっていますね。元々、サッカーには余り興味がなく、何かこう大きな大会があれば話題のために見る程度のニワカだったので、どこどこの代表の誰々が凄い、みたいなのはほとんど知らず、アルゼンチン代表のメッシとかブラジル代表のネイマールが凄い程度しか知りませんでした。ネイマールは先日の某放送局で放映されたミラクルボディーという番組でシャビやイニエスタらと共に特集されていて、なんやこいつ・・・的な感想を抱くほどの実力の持ち主だったと知りました。何年か前からブラジルのネイマールは凄いみたいなことを聞いてはいたのですが、思っていた以上に凄かったです。ただ、コロンビア戦で選手同士の接触で脊椎の怪我をしてしまい、今大会中の復帰は不可能だという報道を聞いて残念だなと思う限りです。開催国の代表だし期待してた人も多かったんじゃないかなぁと思います。





で、ワールドカップが話題になっている間、何をしていたかと言いますと、ほとんど何もしていませんでした(ぉ
およそ一ヶ月前、ブレス5のチャート作成はゾンビ狩りまで終わった(ドヤッ などとほざいていましたが、それから今まで何も進捗していません。ヒィー
何もしていない、と言いましたが、全く何もしていなかったわけではありません。ゾンビ狩りまでの敵の配置パターン(≒出現パターン)や入手アイテムでの分岐を細かく詰めていました。

敵の配置パターンは必要撃破数をなるべく抑えたものをベースに、氷結廃道での分岐を用意。入手アイテムは氷結廃道3F、トレジャーキー出現条件になっているグミリオートを撃破するついでに撃破するグミサファイアがドロップするサファイアメーザーを入手できるかでの分岐を用意。
より再現性を上げるために、敵の配置パターンでの分岐は用意したくなかったのですが、氷結廃道での敵の出現の仕方((具体的には氷結廃道1Fでグミサファイア*7が出るかどうか)次第では若干の加速(といっても数秒あるかないかですが)と運に依存する部分への対策(サファメが入手できるかどうか)が出来る、という点でここは分岐を用意した方がよさそうだと判断しました。
実際にはもう少し細かな分岐があるのですが、んなことまで書き出すとキリがないのと知らない人から見たらちんぷんかんぷんだと思うので割愛します。


なんで全体のチャートを組んでから細かく調整をするんじゃなくて、ゾンビ狩りまでのチャートを細かく組んでるの?と思われるかもしれませんが、これにはちゃんとした(?)理由があります。
まずは、ゾンビ狩りで大枠での調整が可能だということ。これでゾンビ狩りまでとそれ以降でチャートを分断して考察していくことが可能になります。撃破数が足りない?ならゾンビをその分狩っちまえ!ってわけです。次に、必要経験値の帳尻合わせが後々でも可能だということ。ゾンビ狩りまでの経験値は大きなものではなく、だいたいはメンバー戦でまじないを使用すれば補える程度のものです。

にっちもさっちも行かなくなった場合はホレ1Fのナゲットを狩ればいいだけですし。

最後に、今まで使用していたゾンビ狩りまでのチャートがかなり曖昧だったということ。敵の撃破数やらアイテム開発やらなにやらは感覚的にチャートを作成していて、軸となる部分の調査もおざなりだったんですよね。んで、改めてチャートを作成するにあたって再現性の低いチャートを使っていたのにイマイチ納得できなかったので、その部分を細かく詰めたかったってわけです。


そんなわけでゾンビ狩り以降のチャートはまだほとんど手付かずです。サーセン
平日にもあんまり時間が取れないのでチャート作成が遅くても仕方ないよね!ね!
スポンサーサイト



コメント

メーザーなんて落ちないしフットルゥース非メーザーチャートがあれば十分ですよ(ニコ
[2014/07/10 09:47] URL | #wLMIWoss [ 編集 ]
フットルースドロップして、サファメドロップしなくても一応クリアは出来るから・・・(震え
[2014/07/10 23:03] URL | ロマト #- [ 編集 ]
フットルースが出るか否かでモチベーションに関わるから重要やな
[2014/07/12 19:01] URL | #- [ 編集 ]
モチベを奪うフットルースを許すな
[2014/07/13 00:13] URL | ロマト #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

rooomato

Author:rooomato
こちらもどうぞ→

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR