FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ReTAについて考えてみる

まずはこちらをご覧ください。

ReTA特設ページ
8月23日に行われたReTA(リカバリータイムアタック)に出題されたドラクエ5の問題について、色々と考えてみました。



まずは前提となるReTAについての前知識とかそのへんについて。
主催はくねおさん。自他共に認めるドラキチ。何回かこういった企画ものを主催されているのでそのあたりの手際はよさそうだなーと思い、また、その界隈のコネクションがそこそこあるので問題作成にもかなりの難易度の問題を用意してくるだろうと予想。
今までは3~4名程度が複数の問題を回答するという形を取ってきたものの、今回はチームでの競争をするという形になっていたので、奇をてらった問題が出る、というよりは王道の問題が出るだろうと考えました。じゃあどんな問題が?と考えた時に思いついたのがラスボスの撃破、もしくは裏ボスの撃破。今回の参加者はRTA経験者が多く、というよりも全員がRTA経験者だったので、通常とは違った形での攻略をさせるだろうなと。で、特に5は予想がしやすくて、通常の主力となる息子娘サンチョあたりは使えない、ないしは使っても戦力にはなりにくい状態であることは間違いなくて、逆に通常使わないようなモンスターを使うような問題になってるんじゃないかなと。


で、実際の問題はこちら
※特設ページ内のドラクエ5問題出題ページに飛びます。


パッと見たときに25252枚のカジノコイン、息子娘がみゅーずあらいず。あ、これはまーくさんだなと思いました。ついでにどこかに罠が仕掛けてあるだろうとも。
問題自体は裏ボス(エスターク)の撃破。所持金が100000ゴールドで所持品、アイテムの回収状況はページにある通り。嫁はフローラでチロルを回収していることから神秘の鎧は回収できるのと、小さなメダルが61枚あることから、メタキン盾までは入手可能。仲間データを見てみるとHPが全体的に高い。エスタークの攻撃が強力でこれくらいないと耐えないだろうなーという値。いうことを聞く賢さに届いてないのがおどるほうせき(ジュエル)とエリミネーター(エミリー)。所持賢さの種が3個で、残り回収可能なもので思いついたのが2個(サラボナとグランバニア)で調べたら他にもあと1個入手可能。種を使うならジュエルじゃなくてエミリーだなーとかこのあたりを見つつ考えてました。
ただ、仲間データを見る限りはどのモンスターを使ってもいけそうだなという感じはしたのと、エミリーが知力の兜が装備できたような気がしたので、賢さの種には頼らないだろうなと思いました。通常RTAではあまり使用している人がいない印象ではありますが、ドラクエ5のAIは結構優秀なんですよね。なのでAIでもじゅうぶんに戦えることが想定されてる感じだなーとか思っていました。賢さ5の耐性オバケがいたらそう予想するのは簡単だったかなと思います。まーくさんやるやん。
で、ここからは自分の勘違いだったのですが、回収済みのアイテム=袋、あるいは誰か持っている、預かり所にあるものだと思ってました。幼年期に訪れた場所はビスタ港、サンタローズ、アルカパ、レヌール城、妖精の村、ドワーフの洞窟、氷の館、ラインハットの関所、ラインハット、古代の遺跡の10箇所。グランバニアは訪れたわけではないと思うのでここのアイテム(星振る腕輪が特に)はあるだろうなと思いました。まーこのあたりは調査時間に調べることで問題見ただけではわからないだろうなーと思ったので、ミスリードを誘う問題の書き方だなーとか自身の経験不足さがこういうところに出るんだろうなーとか思いました。


実際に自分が考えた戦術、というか方針は、エスタークを眠らせて殴る、というものでした。いわゆるエスタークRTAで取られてる戦術ですね。余談ですが、5のプレーヤー3人中クリアしたのがエスタークRTAをやられていたムウさんだけというのは皮肉なものだなぁと思いました。
で、馬車内の8枠のうち、どうキャラを配分していくかですが、アタッカー2、回復役2、ラリホー役兼壁が4といったところでしょうか。アタッカーはスラ、ブラ、チロル、コドラン、ホーくんあたり、ラリホー役兼壁はドラきち、マッシュ、ドロン、イエティ、ジュエル、パペック、主人公、フローラ、エミリーあたりが候補に、回復役は耐性が優秀かつ高HPが理想だったので、パペック、ジュエル、主人公、フローラ、このあたりで考えていくことになると思います。ラリホー役はエスタークの攻撃をモロに受けてしまうため、高耐性高HP高素早さが理想なのですがドラきち、マッシュ、ドロンは耐性が紙なのでこのあたりは交代をしつつ使う前提に、耐性の優秀なジュエル、パペックは出しっぱなしで使用出来る(と思う)のでこのあたりにはずっと使う系統のアイテム(賢者の石、安眠枕)を持たせていけばいいかなーと。あと、命の木の実は賢者石役に全部使用していいんじゃないかなと思います。



で、ここからは実態を伴わない戦術構築になるのですが、アタッカーはコドラン(氷の刃)、ホーくん(奇跡の剣)、回復役はジュエル(賢者石)、主人公(☆・ドラム)、ラリホー兼壁役にはフローラ、マッシュ、パペック(安眠枕)、ドロン。
命の木の実・守りの種は全てジュエルへ、不思議な木の実は全てドロンへ、素早さの種は1主人公へ、残りはマッシュへ、力の種は全てコドランへ使用。戦闘開始時の並び順は壁ララ石。攻めるときの並び順は(主/フ)コホ石。
作戦に頼るのはジュエル(命大事に)とフローラ(俺に任せろ)。残りは手動で、マッシュは場合によっては眠り攻撃を使用することも考慮して何か武器を装備(そこまで高くないものを)。ついでに主人公へ破壊の鉄球を。その他のキャラには武器はなし。というか攻撃してる暇が無いだろうと予想。ジュエルへマグマの杖のようなアイテムを持たせると余計なタイミングで使用する可能性があるのでたとえターンが無駄になろうとも持たせません。基本的には全滅を回避するような守りの戦術にはなるけれども、それくらい安定を取っても時間的にはじゅうぶんだろうと思うので大丈夫でしょう。カジノでの景品は世界樹の葉22枚、エルフの飲み薬10個。エルフの飲み薬は主人公、フローラ、ドロンへ使用。世界樹の葉は死者が発生した際に使用。ドラムは先制で使用出来るであろう主人公が使用。エスタークが波動をしてきたら仕方ないので諦めましょう。状況次第でラリホー役を出さずに回復に専念するのもありえるだろうと思うのでそういう時は壁主嫁石でフローラは命大事にへ作戦変更。ここで俺に任せろにしていると主人公へバイキルトをしてくれます。多分。あとは守り、回復に専念する時は防御を有効に使ってダメージを減らすようにして、賢者の石で馬車内のキャラも回復することを考慮しつつ立ち回ってください。




実際にプレーをしていないのでこの戦術じゃクリアできなかったぞコノヤロウ!とか言われても知りませーん。
むしろどんな感じだったのかテストプレーをして詳細にお話していただける心優しい方が現れることをお待ちしております。おしまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rooomato

Author:rooomato
こちらもどうぞ→

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。